証明写真は履歴書からアピールできる唯一のビジュアルです!

2022.03.10更新

証明写真は求職者が履歴書からアピールできる唯一のビジュアル情報です。特に最初が書類審査の場合は履歴書の証明写真があなたの第一印象になるのです。写真写りが悪いだけであなたの良さを半減させるなんてもったいない! 採用担当者に好印象を与える証明写真撮影のポイント、教えます。

 

より良い証明写真とは

証明写真を撮る時にはカメラの向こう側に採用担当者がいるとイメージしてください。より良い証明写真を撮影したくなりますよね。

・写真はカラーでもモノクロでも良いですが、迷ったらカラーを選びましょう。

・書き損じることがありますので、すべて書き終えてから写真を貼りましょう

・写真の裏に名前を記入しておきましょう。

 

スピード写真とフォトスタジオどちらが良い?

最近はスピード写真の性能も上がってきていますが、フォトスタジオでの撮影をおすすめします。

写真の仕上がりが全然違いますし、表情や髪形の指示をしてくれたり、多少の修正をしてくれたりする場合もあります。

どこで撮影するにしても3ヶ月以内に撮影した写真を使いましょう。

サイズは横2.4~3cm、縦3.6~4cmが目安です。

 

髪型や服装は?

男女ともに黒や紺のスーツが良いでしょう。

中に着るものは、男性なら白のワイシャツにネクタイ、女性なら白いブラウスが良いですね。レース、フリルのついたものや胸開きの広いブラウスは避けてください。

髪形は清潔感が大切です。男性は前髪が眉毛にかからないようにしましょう。女性はショートヘアやミディアムヘアなら頬を隠さないように耳にかけるようにし、ロングヘアの場合はひとつにまとめてくださいね。どちらも必要であればピンでとめるなどして髪が落ちてこないようにしておきます。

 

身だしなみはこだわりを・・

服装や髪形に気をつけることは当然ですが、ひげや髪色で悩むことがあるでしょう。基本的には個人の自由ですし、職種によっては採用担当者が気にしない会社もあるので余計に悩みますね。

ただ、保守的な会社も多いのが実情であり、ひげや明るすぎる髪色が有利に働くことはありません。髪は暗めのカラーや黒に染め、ひげは剃るのが無難でしょう。

 

男性の証明写真のポイント

男性の証明写真のポイントは「清潔感と健康さ」です。髪が乱れていたり、シャツにしわがあると仕事までだらしない人だと思われてしまいます。細かいところまで気を配ってベストな一枚を撮りましょう!

ヘア・・・基本は黒。ワックスやジェルで束感を出し、快活さを見せるようにしましょう。

眉毛・・・薄すぎたり細すぎる眉はNGです。足りない部分はアイブロウペンシルで描き足しましょう。

目の下のクマ・・・コンシーラーを使って疲れ目をカバーしましょう。スタジオであればカメラマンが修正してくれることも。

ひげそり跡・・・剃って清潔感を。濃さが気になる場合はスタジオで修正をお願いしましょう。

 

女性の証明写真のポイント

女性の証明写真のポイントは「髪形と表情」です。暗い表情はやる気が伝わりません。少し微笑んで余裕と自信をアピールしましょう。髪はまとめたりピンを使うなどして、顔や表情がはっきりわかるようにしましょう。

ヘア・・・派手な髪色や巻き髪はNGです。表情がよく伝わるようにし、長さがあるならハーフアップやひとつ結びが基本です。

メイク・・・濃いアイメイク、太いアイライン、派手な口紅はやめておき、ナチュラルな雰囲気を心掛けましょう。

表情・・・軽く口角を上げて微笑むようにすると明るい印象になります。仏頂面は消極的に見えるので注意してください。

姿勢・・・撮影時は背筋を伸ばしましょう。やる気や自信を感じさせることで好印象につながります。両肩の位置も揃えましょう。

 

まとめ

まずは第一印象ですので、書類選考突破できるよう、履歴書対策をしっかりして望みましょう!!