【面接準備】履歴書作成編

2020.11.30更新

転職の際、悩みの種のひとつとなるのが
履歴書の作成方法・書き方ではないでしょうか。
今回は履歴書の作成方法についてご紹介いたします!

 

作成方法について

 

まず手書きかパソコンやアプリで作成するかを選択します。
手書きの場合、訂正や修正が生じる場合があります。
受け取る側の印象も左右します。
誤字があった場合は二重線は引かずに
間違えた!と思ったときには
できる限り、書き直すことをおすすめします。

パソコンで作成する場合、
WEBでテンプレートをダウンロードして無料で使用できるサービスがたくさんあるので
利用してみましょう!
word(ワード)、exsel(エクセル)などでA4サイズなどで作成します。
相手側から内容の修正ができないようにPDFで保存すると良いでしょう!

 

 

志望動機について

 

 

志望動機は職種によって思いつかない、考えられない!ということもあるかと思いますが、
作り方のかたちを覚えれば例文がなくても簡単に書けます!
主に書く内容は以下の2点です。
・「これまでの経験」
・「今後の目標」

また、転職理由などを記入する場合、嘘はよくありませんが、
できるだけ前向きな理由に変換して記入してみてください。

また受ける施設の法人形態によって記入の際の呼び方が異なります。
社会福祉法人なら「貴法人」、病院なら「貴院」など使い方を分けましょう!
株式会社などの場合は「貴社」でOKです。
介護や看護師のお仕事はこういった細かな配慮もポイントになります。

 

 

送付方法について

 

履歴書は面接時に直接渡す場合もあれば、郵送で送る場合もあります。
郵送の場合は封筒の書き方や送付状の付け方などに注意して送りましょう。
最近はメールでの送付を希望してくる施設もありますので、
詳しい方法は担当から詳しくお送りします!

志望動機以外の詳しい書き方については次回のお役立ち情報で詳しくご紹介いたします!