履歴書の書き方!その1(短期間の職歴 記載するべき?)

2019.09.10更新

 

 

短期間の職歴 記載するべき?

面接時には必要となる【履歴書】

そこで迷うのが短期間就業の職歴はどうするの?

記載すべきか?しないべきか?

まず、大前提として履歴書にすべてを書かなければいけません!という法的義務はありません。

 

しかしながら【嘘】はいけません。書かない選択をした場合、

職歴~職歴の間が空くわけですから面接時に問われる可能性は高いです。

その時はもちろん正直に答える必要があります。

 

短期間の職歴なので書く必要がなかったとそのまま捉えてもらえるか、

あえて隠そうとしていると捉えられるかは状況によります。

 

 

またそれを前提に合否を判断するのは採用側の自由です。

「書かない」という選択をした場合は、

「短期間の職歴なので書きませんでした。」と臆せず伝え、

またその職歴についても、聞かれた際は堂々と話ができれば不採用になるリスクが高くなることは少ないように思います。

 

 

ハローワークでも短期間の職歴については記載しなくてもよいと

説明しているケースが多いようなのでそのことも知っておくといいでしょう。

 

 

結論としては自己判断による記載になるので、以下のことを考慮して判断しましょう。

・「職歴を書かなかった空白期間については何をしていたか聞かれる可能性が高い」

・「書いていないことについて聞かれたら、その間の職歴については口頭で伝える必要がある」